top of page
shutterstock_1072140494.png

MBCブロードキャストRTK

活用分野

MBC RTKの高精度位置測定技術を活用し、さまざまな分野に貢献しています。

次第に適用分野を広げて、4次産業の砲門を開くシンナレックスになるようにします。 

​|おすすめ製品
無題-3.png
​ |シナレックスと一緒の製品- スマート防除ロボット 
スマート防除ロボット.jpg

#リアルタイムGPS活用軌道型走行装置と自律走行

このシステムはリアルタイム衛星航法システム(GPS)に基づいて事前経路を設定して自律走行を行い、横偏差は±10cm以内である。 GPSと慣性測定装置(IMU)ベースの自律走行技術を実装し、ロボットの現在位置と進行方向を決定する。

GPSベースの課員マップ活用防除技術も開発、事前に獲得した3次元過員環境情報盤GPS活用、位置情報マッチング防除技術で、カメラやLiDARなどのセンサーがなくても果樹防除作業を行うことができる。また、不規則な路面で安定した走行と狭い旋回区間で所定の位置の旋回が可能である。エンジンではなくバッテリーを活用した環境にやさしい走行プラットフォーム(連続4時間)を構築し、これを無人農作業(除草、収穫など)のための汎用ロボットプラットフォームに拡張、活用する可能性も高い。

遠隔制御機連動で防除ロボットの移動と運搬、手動操作が容易である。

出典:農水畜産新聞。 [企画] デジタル農業を導く未来農業技術 5選 ①果実にのみ選択防除、スマート防除ロボット。          2021.05.21。キム・ナムジョン記者

​|顧客利用事例