top of page
shutterstock_1072140494.png

MBCブロードキャストRTK

活用分野

MBC RTKの高精度位置測定技術を活用し、さまざまな分野に貢献しています。

次第に適用分野を広げて、4次産業の砲門を開くシンナレックスになるようにします。 

​|おすすめ製品
無題-3.png
​ |シナレックスと一緒の製品- スマート建設 
mbcスマート建設.JPG

スマート建設技術は既存の建設分野にBIM、ドローン、ロボット、IoT、ビッグデータ、AIなどの先端技術を融合した概念だ。スマート建設技術が適用されると、人の感覚で扱っていた建設機械などをIoT技術でより精密に制御し、建設工事を効率的に行うことができる。

スマート建設技術における位置情報制御は重要な技術の1つそして、建設現場で建設機械の動きを制御する際には、GPSのような「衛星航法システム」を応用する。 GPSは米国のシステムであり、EU、ロシア、日本、インド、大韓民国など各国も独自の衛星航法システムを開発するのに苦労している。しかし、既存の衛星航法システムは同時接続者数に制限があり、建設環境で安定的に正確な位置情報を提供するのに活用するには限界があった。

一方、MBCは地上波放送ネットワークを通じてすでにDMB、UHDなど全国的な放送インフラを備えており、これを応用して交通情報TPEGサービスなどを提供している。建設研建設自動化研究センター研究チームは MBCの放送通信網基盤の位置補正信号をスマート建設技術分野に活用し、韓国特有の山岳地形・衛星航法信号障害地域などを克服し、実際的な韓国型衛星航法体系システム構築が可能と期待した。

特に本技術は建設研の先行研究を通じて事前検証された。建設研建設自動化研究センターで実施中の研究課題にMBC DMB補正信号を試験適用して成果を確認、これにより建設現場への適用性が検証されたというのが建設連側の説明だ。

建設研のハン・スンホン院長は「建設自動化技術は低い生産性などで困難を経験している建設業界の革新案になるだろう」とし「MBCと協力、衛星航法システム技術の国産化と品質向上を同時に行うことができる」面スマート建設技術を通じて韓国の建設分野の経済性も向上すると期待する」と明らかにした。

出典:国土日報。建設研、MBC放送網活用「スマート建設技術」の研究をスピードアップする。 2019.10.04.ハ・ジョンスク

​|顧客利用事例